関節痛と神経痛の違い

関節痛と神経痛の違い分かってますか?

 

年齢を重ねると避けては通ることのできない関節痛や神経痛。
関節痛、神経痛とひとくくりに言われてしまうけど、実はそれぞれ違う病気なんです。
言い方が違うからもちろん違うものであることがわかっているかもしれませんが、ちゃんと関節痛、神経痛の違いってわかっていますか?

 

関節痛とは・・・

関節痛とは読んで字のごとく関節の痛みによるものです。
加齢や肥満、急激な過度な運動によって軟骨がすり減ることによって骨と骨がこすれることで痛みが生じてしまいます。
腰痛や膝の痛み、肩の痛みなど体の様々な場所に発症します。
神経痛の痛みに比べてどちらかと言うとじわじわとくる痛みが長く続くといったイメージがあります。
一言で関節痛といっても、自発痛、寒冷痛、運動靴、日術、圧迫痛、阻血痛、心因痛と多くの種類があります。
60歳以上の高齢者になると8割以上の方が関節痛とも言われています。

 

神経痛とは・・・

神経痛は体のあらゆるところに張り巡らされた末梢神経が外部からの刺激やストレスなどによって炎症を起こした結果生じる痛みとなります。
神経自体による痛みなので関節痛と比べると非常に強い鋭い痛みがあります。
この痛みが数量から数分間の間続き、その症状が繰り返されるのが神経痛の特徴といえます。
神経痛は原因が特定できるものとできないものがあり、総称して神経にまつわるものを神経痛と呼ぶ傾向があるようです。
神経痛の種類としては三叉神経痛、肋間神経痛、坐骨神経痛が挙げられます。

 

 

と、関節痛と神経痛には、こういった違いがあるわけです。
が、どちらも激しい痛みを伴うと普段の生活にも支障をきたすようなことが起きてしまいます。
また関節痛と神経痛それぞれ別のものなのですが、関節痛が起きたことによって神経痛が引き起こされるという密接な関係があるものともなります。


 

関節痛や神経痛は痛みの緩和はできます。

すり減ってしまった軟骨を治すのは難しいことですが、痛みを和らげることならできます。

今ではサプリや医薬品などいろいろ出ていますが中でも注目したいのが第3類医薬品のトンデケアです。
あき竹城さんや九重親方も絶賛しているように、1日1回飲むだけでその日の痛みを緩和することができます。
コストパフォーマンスにも優れており、眼精疲労やビタミン不足の補給にも役に立ってくれます。

 

 

関節痛や神経痛の痛みを緩和させるために「何かいいものないかな」とお悩みの方は、ぜひ一度トンデケアを使ってみてはいかがでしょうか? トンデケアの詳細はこちらで詳しく解説していますよ。→トンデケアの詳細


 

関節痛や神経痛の緩和にトンデケア。詳細と購入はこちらからどうぞ。